受け付けは美容室の第一印象


みなさんが美容室へ行った時にまず会話を交わすのは受付の人ですよね。最近ではレセプションとも呼ばれるようになったこのポジションのスタッフがまずは私達を迎えてくれます。そこで気持ち良く「いらっしゃいませ」と言ってもらえるかどうか、という事でその美容室の第一印象が決まってくる、といっても過言ではありません。つまり美容室側から言えば受付にどんな人に入ってもらうか、という事でその美容室の評価が変わってくるかもしれません。そう考えると美容室の受付と言うのはけっして美容師免許を持っている訳ではないけれども、お店にとってはとても重要な役割を任せている事になりますね。美容室の受付の仕事、といえばきれいな場所でオシャレなスタッフに囲まれて働くことができる仕事として特に女性には人気があると思うのですが、実はその責任は大きいと言えるでしょうね。美容室によっては特にこの受付のポジションに決まった人を置かずに手の空いている美容師が対応したり、アシスタントが兼任したり、ということやっているお店も有ります。ですが入った時に受付に誰もいない状況で、だれも声をかけてくれない、というのはお客さんにとっては少しさみしい状況ですし、初来店のお客さんであれば、少し印象が悪くなってしまうかもしれませんね。

電話対応

美容室の受付の仕事はどんなものだろうか?と考える時に、まずは電話対応が考えられるでしょう。お店にかかってくる電話のほとんどがお客さんからの電話だと考えられます。その電話にきちんと対応できなければいけません。お客さんの中には、一生懸命に下調べをしてやっとみつけた美容室に予約の電話をしてみる、というのはとても緊張する事でもあります。初めての美容室であり、まだ見ていない美容室に対して、声だけで対応してもらうわけです。その時電話の向こうから聞こえる声がどのようなものであるか、という事はとても大きな第一印象となるでしょう。電話の応対が威圧的、要領を得ない、というようなことがあると、それだけでまだ言った事も無い美容室の事が嫌になってしまう可能性もあります。よく言われる事ですが電話と言うのは顔が見えないだけに、声だけで色々な事が推測されています。受付の人たちの電話に対応得る時の声が少しトーンが上がるのは、相手に良い印象を与えようとしているからかもしれませんね。低めの声だと相手に対して少し怖い印象を与えてしまいがちです。また電話の途中で何度も「お待ちください」と言われるのもイライラするものです。電話の対応というのは、受付にとっては一番難しく、一番大切な仕事、といえるのではないでしょうか。

お気に入りのサロンが見つかる

「心地よさ」と「通いやすさ」を実現した、長く通いたいサロン
目白にある美容院
ライフスタイルに合わせたスタイルを提案して行きます
門前仲町にある美容院
床屋ではなく【BARBER】硬すぎず柔らかすぎずな大人メンズスタイル
清澄白河にある美容院