気を使わない仲になれるか


美容師とお客さんの関係は、お客さんだからと言って媚びる事もなく、美容師だからと言って威張る訳ではなく、お客さんが自分の思っている事を素直に話してくれるような関係であることが一番望ましいと思います。お客さんが何を望んでいるか、という事をきちんとカウンセリングで把握できる美容師は、評判が良いと思われます。そしてそれが出来るためには、ただお客さんに根掘り葉掘り聞くだけではダメなんですね。質問攻めにされると人は権を感を抱いてしまうものです。この美容師にならお願いできる、この美容師に話してみようかな、という気持ちにさせる事が大切だと思うのです。実際に美容師の中には「何でも勝手に決めてしまう」と感じてしまう美容師がいますよね。そういう美容師は自分がやりたい事をお客さんに押し付けている可能性が高いと思います。もちろんお客さんが相手ですから口調も柔らかいでしょうし、聞いているととてもお客さんに新設にアドバイスしているように聞こえます。ですが実際にはお客さんの方が気を使って聞き手に回っている事もあるんですね。これだけ勧めてくれるんだからそうしなければならない、という気遣いをお客さんにさせてしまう様では本当にお客さんのなりたいスタイルを受け止めているとは言えないでしょう。

どこまで踏み込むか

美容師としてはできるだけ担当しているお客さんの事は知りたい、と思っているはずです。その人の普段の生活、普段の服装、どんな趣味を持っている人か、といった事はすべてが「どんなヘアスタイルにするべきか」という事に通じるものがあるからですね。ですから美容師によってはそういった事をあれこれとお客さんに質問する美容師もいます。ところがその美容師からの質問攻めを、お客さんがどう受け止めるかという事も考えた方が良いんですね。お客さんによっては「それはプライベートな問題でしょ、どうして美容師がそこまで踏み込むの?」と感じてしまう人もいる様です。特に近年は個人情報の扱いに敏感になっている人は多いものです。アンケートに住所や電話番号を記入する欄があっても、書きたくないという人も多い事でしょう。そして特に女性客であれば、美容師との距離が近い事にすら不安や権を感を感じてしまう人もいるかもしれません。ですからお客さんとはどれぐらいの距離で接して、どの程度お客さん個人の事に踏み込むか、というのはとても難しいところなんですね。そう言った所で美容師のトークが上手いかどうか、という事が問われるのだと思います。美容師がお客さんを質問攻めにするのではなく、お客さんが自然な感じで自ら話したくなるような雰囲気が出せればよいですよね。

特集サロン3選

さらに煌水を使用すれば髪が活性化、髪が蘇ります♪
吉田にある美容院
髪質を整えながらライフスタイルにオシャレを取り入れて♪
新石切にある美容院
「これがしたかった!」を大切にするサロンです
東花園にある美容院


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4344