美容師の究極の夢


美容師になりたい、と思っている人の中には自分の将来の姿を自分のお店を持つこと、と定めている人もいるかもしれません。美容師と言うのはきつい仕事として位置付けられている事も多いですが、それでもとても夢のある仕事であることも確かでしょう。若いうちは目の前の目標をクリアしていく事の喜びを感じる事が出来る仕事ですし、その一方で自分がどんな美容師になりたいか、という事を考え、そこを目指していく事の出来る仕事です。目指す美容師像と言うのもクリエイティブな仕事ですから、決して型にはまったものではありません。これまでにない美容師の姿を目指す、という事もできるものです。そこで多くの美容師たちが目標として挙げるのが自分の店を持つ、という事でではないでしょうか。その裏には自分の中でやりたい事が、店に雇われているだけでは出来ない、という事もあるとおもわれます。美容室と言う所はそんなに大きな職場ではないですから、オーナーや店長が望む色に染めやすいものです。逆に言えば雇われているスタッフはそのオーナーや店長の経営方針や好みにあった結果を求められることになります。自分だったらこんなことはしない、と思うような事でも雇われている限りは従わなくてはいけません。そんな中で自分のやりたい事をやるには自分の店を持つしかない、という考えに至る美容師はおおいのでしょう。では美容室のオーナーになることは、本当に自分が思うような美容師生活を送ることができることになるのでしょうか。よく出世を望まない社員というのがいますが、それは出世をしてある程度のポジションになると、そこには現場などでは背負わなくても良かったような責任や別の仕事に携わらなくてはならない事が多々あります。上のポジションになると、下の者の面倒を見たり、会社やお店全体の経営の事を考えなくてはいけない立場となります。従業員にきちんと給料が支払えるような経営をしなくてはいけませんから、自分が好きなように出来ると思っていたことも出来ないケースも出てきます。自分がアシスタントややとわれ美容師の立場であった時には見えなかった多くの責任がオーナーという立場になるとのしかかってくる事になるでしょう。そしてそういう仕事が増える分、自分が現場でお客さんと触れ合う機会は減ります。本当は自分がやりたかったことはこういう事ではない、と思うようなことになる事も少なくないのではないでしょうか。本当にハサミを持つことが好き、お客さんとふれ合う事が好き、という美容師にとってはオーナーになる、という事は考えている程みりょくてきなことではない事も少なくないのではないでしょうか。美容師 求人 採用 高給与 柏駅


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4344