美容師がモデルを探す目的


美容師の皆さんは美容室に就職したらまずはアシスタントと言うポジションからスタートして、シャンプーやロッド巻、カットの練習などをしてスタイリストへの道を目指すわけですあ、その最後の登竜門として「カットモデルを探す」という事があります。その美容室によってもクリアしなくてはならない人数の設定が違うのですが、とにかくそのカットモデルを探すのが大変だ、という話は良く聞く話でもあります。カットモデルを探してノルマとなっている人数をこなし、最後に昇格試験を受けて合格したら晴れてスタイリストデビューできる、というのが一般的です。ですからアシスタントの皆さんにとっては、このカットモデル探しと言うのはそても重要なことでもあるんですね。一方でカットモデル、というとアシスタントの練習や昇格試験のためのモデルだけではなく、本当にモデルとしての役割を持つことも有ります。それは美容室の宣伝やホームページにつかうための撮影モデルさんの事です。この二つのモデルでは目的が違うので、美容師の方でも声をかけるターゲットがちがってくるでしょう。いずれにしても世の中の見かたとしては、街中で「モデルになってくれないか」と声をかける人は怪しい、という風潮がありますから、美容師の皆さんは苦労するようですね。そもそも見知らぬ人にいきなり声をかける、ということ自体誰にとってもハードルが高い事ですよね。いくら仕事であったとしても声を掛けられた相手にとっては最初は不審者以外の何物でもないでしょう。そこからそんな気持ちを解きほぐして信用してもらって話を聞いてもらうまでにもかなりの時間がかかると想像できます。実際に声を掛けられる側として考えたら、声を掛けられた時点ではぐらかして逃げてしまう事がほとんどでしょう。よほど興味がない限り知らない人の話を立ち止まって聞こうとは思わないものです。ですから全く不純な動機ではないにもかかわらず、アシスタントの皆さんも声をかけただけで離れて行ってしまう人がほとんどで、まずはそこでかなり精神的なダメージを受ける事でしょう。そこをなんとかクリアして立ち止まってくれたとしても「モデルになって」と言うと嫌な顔をされる事も多いでしょう。一方で、実際には「カットモデルをやりたい」と思っている人も少なくないようです。それは多くの場合カットモデルになると無料、もしくはかなり安く髪を切ってもらう事が出来るからです。実は声をかけてほしいのに、とか、声を掛けられたら喜んでモデルになるのに、と思っている人も少なくなく、上手くマッチングさせる手はないものか、と思いますよね。美容師 求人 仕事 アルバイト 表参道駅


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4344