他に質問はないですか


面接の最後によく「何か質問は有りませんか?」と言われる事があります。ここで「別にありません」といってしまっても問題はありませんが、よりその美容室の事を知りたい、興味がある、という意思を示すためには一つぐらい質問をする方がよいかもしれません。ですがその質問内容が給与面や休日、福利厚生の話であるのはあまり印象が良くないかもしれません。それよりも面接官に「この美容室についてよく調べているな」と思われるような質問をする方が良いでしょう。たとえばホームページ内に書かれていた内容について質問してみるのも良いかもしれません。ホームページに目を通してきた事を解ってもらう事ができます。また自分がもし採用されたら、という前提で質問をするのも良いかもしれません。前向きな気持ちが伝わるのは悪い印象にはならないでしょう。仕事の事ではなく、スタッフの雰囲気などを聞いてみるのも良いかもしれません。一番言わない方が良いのは「それは説明したでしょう?」「書いてあったでしょう?」と思われてしまうような内容の質問です。きちんと人の話を聞いていなかったり書類を熟読していなかったことがバレてしまいます。この質問こそ、言われたらこういう事を聞こう、という事を2,3用意しておく方が良いかもしれません。どうしても美容室に就職したい、と思って言える人なら同時進行で別の美容室の採用試験を受ける事もあるでしょう。それは当たり前のことですし、採用を考えている美容室側もそういう事があるのは解っています。ですがあえて採用面接で「他の美容室の採用試験も受けているのか?」という質問をされる事があります。この時に正直に別の美容室の採用試験も受けている事を言った方が良いのか、「この美容室だけです」と言った方が印象が良いのか、という事で悩む人は多いと思います。ですがおそらくその答えがどちらであったとしてもそれが合否を決定づけるようなことは無いのではないでしょうか。こういった質問はたいてい面接の最後の方でされる事が多いものです。多分それまでにその人の印象や面接官の気持ちは採用か不採用かのどちらかに傾いているはずです。ではどうしてその質問をするのか、というと、その人を採用した場合に断られる可能性があるのかないのか、という事を知りたいのだと思うのです。少しでも印象が良かった人を雇いたいに決まっています。他の美容室を受けているからと言って早々に諦める事はしないでしょう。その時の印象が良ければいずれにしても採用の意思が示されるはずです。正直に「他も受けている」と言う事は言っても良いと思いますが、「ここが第一希望だ」という意思表明も同時にした方が良いでしょう。


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4344