「おまかせ」では困る美容師


美容師をプロとして全面的に信頼するならば「おまかせする」というのもお客さんにとっては一つの選択肢でしょう。ですがこの「お任せ」という事については、それを受ける美容師にとっては嬉しい事である、と受け止める人と、そうではない美容師がいるようです。当然のことながら喜んで「お任せ」をいうオーダーを受ける事が出来るのは、センスにもテクニックにも自信を持っている美容師である、といえるでしょう。一方で「任せられても困る」と思っている美容師と言うのは、そこまで自分のセンスやテクニックに自信が持てない美容師かもしれません。それは単純に下手、という事ではなく、まだ経験年数が浅かったりすると「お任せ」というオーダーが荷が重いのは解らなくもありません。お客さんもその事は理解して、「お任せします」と言うならばできるだけベテランの美容師を指名する方が良いでしょう。もちろんいくら若くて経験年数が浅くても、自分が気に入っている美容師に「お任せしたい」という気持ちがあるならばそれでも良いと思います。そうやって経験する事で美容師も上手くなるものですからね。ですがその仕上がりに対しては「任せる」と言った以上は、あとになってクレームを付けるような事をするのはよくないですよね。最近ではヘアスタイルやヘアケアに関する情報が簡単に手に入るようになってきました。美容師自身が一般のお客さんに向けて自らヘアケアや自分の作るヘアスタイルについてSNSなどで情報発信する事も多くなってきています。そうするとかつてのお客さんに比べて今のお客さんはとても賢くなっている、と言っても良いでしょう。美容師もまだ知らないようなトレンドについてお客さんの方が知っていたり、お客さんの中にはこれまでは美容師しかつかっていなかったような専門用語をを使ったりするような人も現れてきます。この情報量の多さがお客さんを美容師に負けないぐらいヘアケアやヘアスタイルに関する意識を高くさせているんですね。その事は皆がオシャレに関する意識が高くなる、と考えれば望ましい事ではあるのですが、その分かつては絶対的にお客さんよりも美容師の方が上であったのに、今では施術のテクニック以外の所ではお客さんと同等、もしくはお客さんの方が詳しい、といった状況も発生してしまうかもしれません。お客さんはより強固に「こうやってこのスタイルにしてほしい」というオーダーの仕方をしてくるかもしれません。仕上がりだけを求めるのではなく、その工程に対してもお客さんが希望を持っているケースが増えてくる事が考えられます。美容師 求人 仕事 アルバイト 町田駅


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4344