美容師の究極の夢


美容師になりたい、と思っている人の中には自分の将来の姿を自分のお店を持つこと、と定めている人もいるかもしれません。美容師と言うのはきつい仕事として位置付けられている事も多いですが、それでもとても夢のある仕事であることも確かでしょう。若いうちは目の前の目標をクリアしていく事の喜びを感じる事が出来る仕事ですし、その一方で自分がどんな美容師になりたいか、という事を考え、そこを目指していく事の出来る仕事です。目指す美容師像と言うのもクリエイティブな仕事ですから、決して型にはまったものではありません。これまでにない美容師の姿を目指す、という事もできるものです。そこで多くの美容師たちが目標として挙げるのが自分の店を持つ、という事でではないでしょうか。その裏には自分の中でやりたい事が、店に雇われているだけでは出来ない、という事もあるとおもわれます。美容室と言う所はそんなに大きな職場ではないですから、オーナーや店長が望む色に染めやすいものです。逆に言えば雇われているスタッフはそのオーナーや店長の経営方針や好みにあった結果を求められることになります。自分だったらこんなことはしない、と思うような事でも雇われている限りは従わなくてはいけません。そんな中で自分のやりたい事をやるには自分の店を持つしかない、という考えに至る美容師はおおいのでしょう。では美容室のオーナーになることは、本当に自分が思うような美容師生活を送ることができることになるのでしょうか。よく出世を望まない社員というのがいますが、それは出世をしてある程度のポジションになると、そこには現場などでは背負わなくても良かったような責任や別の仕事に携わらなくてはならない事が多々あります。上のポジションになると、下の者の面倒を見たり、会社やお店全体の経営の事を考えなくてはいけない立場となります。従業員にきちんと給料が支払えるような経営をしなくてはいけませんから、自分が好きなように出来ると思っていたことも出来ないケースも出てきます。自分がアシスタントややとわれ美容師の立場であった時には見えなかった多くの責任がオーナーという立場になるとのしかかってくる事になるでしょう。そしてそういう仕事が増える分、自分が現場でお客さんと触れ合う機会は減ります。本当は自分がやりたかったことはこういう事ではない、と思うようなことになる事も少なくないのではないでしょうか。本当にハサミを持つことが好き、お客さんとふれ合う事が好き、という美容師にとってはオーナーになる、という事は考えている程みりょくてきなことではない事も少なくないのではないでしょうか。美容師 求人 採用 高給与 柏駅

美容師がモデルを探す目的


美容師の皆さんは美容室に就職したらまずはアシスタントと言うポジションからスタートして、シャンプーやロッド巻、カットの練習などをしてスタイリストへの道を目指すわけですあ、その最後の登竜門として「カットモデルを探す」という事があります。その美容室によってもクリアしなくてはならない人数の設定が違うのですが、とにかくそのカットモデルを探すのが大変だ、という話は良く聞く話でもあります。カットモデルを探してノルマとなっている人数をこなし、最後に昇格試験を受けて合格したら晴れてスタイリストデビューできる、というのが一般的です。ですからアシスタントの皆さんにとっては、このカットモデル探しと言うのはそても重要なことでもあるんですね。一方でカットモデル、というとアシスタントの練習や昇格試験のためのモデルだけではなく、本当にモデルとしての役割を持つことも有ります。それは美容室の宣伝やホームページにつかうための撮影モデルさんの事です。この二つのモデルでは目的が違うので、美容師の方でも声をかけるターゲットがちがってくるでしょう。いずれにしても世の中の見かたとしては、街中で「モデルになってくれないか」と声をかける人は怪しい、という風潮がありますから、美容師の皆さんは苦労するようですね。そもそも見知らぬ人にいきなり声をかける、ということ自体誰にとってもハードルが高い事ですよね。いくら仕事であったとしても声を掛けられた相手にとっては最初は不審者以外の何物でもないでしょう。そこからそんな気持ちを解きほぐして信用してもらって話を聞いてもらうまでにもかなりの時間がかかると想像できます。実際に声を掛けられる側として考えたら、声を掛けられた時点ではぐらかして逃げてしまう事がほとんどでしょう。よほど興味がない限り知らない人の話を立ち止まって聞こうとは思わないものです。ですから全く不純な動機ではないにもかかわらず、アシスタントの皆さんも声をかけただけで離れて行ってしまう人がほとんどで、まずはそこでかなり精神的なダメージを受ける事でしょう。そこをなんとかクリアして立ち止まってくれたとしても「モデルになって」と言うと嫌な顔をされる事も多いでしょう。一方で、実際には「カットモデルをやりたい」と思っている人も少なくないようです。それは多くの場合カットモデルになると無料、もしくはかなり安く髪を切ってもらう事が出来るからです。実は声をかけてほしいのに、とか、声を掛けられたら喜んでモデルになるのに、と思っている人も少なくなく、上手くマッチングさせる手はないものか、と思いますよね。美容師 求人 仕事 アルバイト 表参道駅

他に質問はないですか


面接の最後によく「何か質問は有りませんか?」と言われる事があります。ここで「別にありません」といってしまっても問題はありませんが、よりその美容室の事を知りたい、興味がある、という意思を示すためには一つぐらい質問をする方がよいかもしれません。ですがその質問内容が給与面や休日、福利厚生の話であるのはあまり印象が良くないかもしれません。それよりも面接官に「この美容室についてよく調べているな」と思われるような質問をする方が良いでしょう。たとえばホームページ内に書かれていた内容について質問してみるのも良いかもしれません。ホームページに目を通してきた事を解ってもらう事ができます。また自分がもし採用されたら、という前提で質問をするのも良いかもしれません。前向きな気持ちが伝わるのは悪い印象にはならないでしょう。仕事の事ではなく、スタッフの雰囲気などを聞いてみるのも良いかもしれません。一番言わない方が良いのは「それは説明したでしょう?」「書いてあったでしょう?」と思われてしまうような内容の質問です。きちんと人の話を聞いていなかったり書類を熟読していなかったことがバレてしまいます。この質問こそ、言われたらこういう事を聞こう、という事を2,3用意しておく方が良いかもしれません。どうしても美容室に就職したい、と思って言える人なら同時進行で別の美容室の採用試験を受ける事もあるでしょう。それは当たり前のことですし、採用を考えている美容室側もそういう事があるのは解っています。ですがあえて採用面接で「他の美容室の採用試験も受けているのか?」という質問をされる事があります。この時に正直に別の美容室の採用試験も受けている事を言った方が良いのか、「この美容室だけです」と言った方が印象が良いのか、という事で悩む人は多いと思います。ですがおそらくその答えがどちらであったとしてもそれが合否を決定づけるようなことは無いのではないでしょうか。こういった質問はたいてい面接の最後の方でされる事が多いものです。多分それまでにその人の印象や面接官の気持ちは採用か不採用かのどちらかに傾いているはずです。ではどうしてその質問をするのか、というと、その人を採用した場合に断られる可能性があるのかないのか、という事を知りたいのだと思うのです。少しでも印象が良かった人を雇いたいに決まっています。他の美容室を受けているからと言って早々に諦める事はしないでしょう。その時の印象が良ければいずれにしても採用の意思が示されるはずです。正直に「他も受けている」と言う事は言っても良いと思いますが、「ここが第一希望だ」という意思表明も同時にした方が良いでしょう。

「おまかせ」では困る美容師


美容師をプロとして全面的に信頼するならば「おまかせする」というのもお客さんにとっては一つの選択肢でしょう。ですがこの「お任せ」という事については、それを受ける美容師にとっては嬉しい事である、と受け止める人と、そうではない美容師がいるようです。当然のことながら喜んで「お任せ」をいうオーダーを受ける事が出来るのは、センスにもテクニックにも自信を持っている美容師である、といえるでしょう。一方で「任せられても困る」と思っている美容師と言うのは、そこまで自分のセンスやテクニックに自信が持てない美容師かもしれません。それは単純に下手、という事ではなく、まだ経験年数が浅かったりすると「お任せ」というオーダーが荷が重いのは解らなくもありません。お客さんもその事は理解して、「お任せします」と言うならばできるだけベテランの美容師を指名する方が良いでしょう。もちろんいくら若くて経験年数が浅くても、自分が気に入っている美容師に「お任せしたい」という気持ちがあるならばそれでも良いと思います。そうやって経験する事で美容師も上手くなるものですからね。ですがその仕上がりに対しては「任せる」と言った以上は、あとになってクレームを付けるような事をするのはよくないですよね。最近ではヘアスタイルやヘアケアに関する情報が簡単に手に入るようになってきました。美容師自身が一般のお客さんに向けて自らヘアケアや自分の作るヘアスタイルについてSNSなどで情報発信する事も多くなってきています。そうするとかつてのお客さんに比べて今のお客さんはとても賢くなっている、と言っても良いでしょう。美容師もまだ知らないようなトレンドについてお客さんの方が知っていたり、お客さんの中にはこれまでは美容師しかつかっていなかったような専門用語をを使ったりするような人も現れてきます。この情報量の多さがお客さんを美容師に負けないぐらいヘアケアやヘアスタイルに関する意識を高くさせているんですね。その事は皆がオシャレに関する意識が高くなる、と考えれば望ましい事ではあるのですが、その分かつては絶対的にお客さんよりも美容師の方が上であったのに、今では施術のテクニック以外の所ではお客さんと同等、もしくはお客さんの方が詳しい、といった状況も発生してしまうかもしれません。お客さんはより強固に「こうやってこのスタイルにしてほしい」というオーダーの仕方をしてくるかもしれません。仕上がりだけを求めるのではなく、その工程に対してもお客さんが希望を持っているケースが増えてくる事が考えられます。美容師 求人 仕事 アルバイト 町田駅


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (1) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4339

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (1) in /home/gqbcxmr5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4339